ISSに行った歴代女性宇宙飛行士は

ISSは国際宇宙ステーションの略であり、NASAやロシア連邦宇宙局、日本の場合はJAXA(宇宙航空研究開発機構)などによって管理されています。このISSに宇宙飛行士が行くことが成功した場合、日本でも日本人宇宙飛行士がチームにいることも多くニュースになることは少なくありません。そんな宇宙飛行士は男性の方が圧倒的に多いですが、これに行ったことのある女性宇宙飛行士は誰がいるのでしょうか。

保育士や関連職の求人は《アートチャイルドケア》で探そう
http://www.the0123child.com/saiyo/
アートグループなので安心して働けます

この場合日本人の女性宇宙飛行士である場合山崎直子さんがいます。この方は2010年に向かい、ISSへの物資の移送などに関わりました。また、宇宙での琴の演奏などを行ったことでも話題になりました。この方は2011年に宇宙飛行士を引退し、現在は女子美術大学にて客員教授をしています。当初は宇宙で長期滞在が男性だけでなく、女性に対してどのような影響があるのかなどを山崎さんが長期滞在を行うことによって調査を行う予定ではあったものの、引退をしてしまったため、女性初の長期滞在クルーとなることはありませんでした。現在、女性での長期滞在クルーはイタリア人のクリストフォレッティさんとロシア人のエレーナセロワさんの2人がいます。

テンデンスの腕時計で人生を豊かに、手元を華やかに
http://s-vabene.com/
購入するなら安心の正規販売ショップで

特にクリストフォレッティさんに関してはイタリア人初の宇宙飛行士であり、話題になりました。この方たち以外にも女性宇宙飛行士が宇宙へ向かうということが増えており、過去と比べると、女性宇宙飛行士の立場が国際的にも上がってきていると言うことが言えます。このように現在では国際社会において、男性が中心となって活躍していた職業であっても、女性も平等に活躍できるような社会になりつつあります。

福岡で会社設立するならまずは無料相談窓口へ
http://www.vsi.jp/establish
天神駅徒歩1分でアクセスも良好!

宇宙飛行士だけでなく、消防士などといった体力や力が必要な職業では女性であれば体力的に無理である考え方が昔からあり、その考え方を覆すことが出来るよう、努力を重ねてこれらの職業に就くことを実現している女性は現在では過去と比べて圧倒的に増えています。ですが、このことに関しては国際規模で問題視されているものの、昔から根付いてしまっている問題であり、現代では日本における男女雇用機会均等法などといった、仕事における男女間の差別を禁止する法律は世界各国に存在してはいますが、いまだに男女間に給料の額の格差などもあり、この問題の解決は難航しています。ですが、このように社会において女性の活躍が目立つことによって、この差別が少しずつ解決されていくことを願います。